娘に尋ねられたことがあります。自分の名前の由来を教えてくれ・・・と。「桃」という字を使いましたが、3月の桃の節句の時期なのでそれほど深い意味はありませんでした。家内が気のきいた物語を作って娘に話しました。中国では沢山の桃でお客をもてなすので、お友だちがいっぱい出来ますようにって、桃を使った名前を付けたのよ。娘はすっかり満足して、家内の言を信じております。最近ではキラキラネームと言って普通の読み方の出来ないものが増えております。サラちゃん、ルーナちゃん、キララちゃんとカタカナかアルファベットの方が良さそうなお名前が身近にもあふれております。個性と言えばこれ以上ない読み方、呼び方がすでにマイノリティーでは無くなってきております。私も最初の子の時には名付けでああでもない、こうでもないと辞書を引いたり思案したものでした。日本には「漢字」という意味を持つ文字があるのに、なぜわざわざアルファベットのように漢字の一部分だけを飛び飛びに読むのか? いっそ平仮名で命名してくれないですかね。いちいちルビを振らないと読めませんヨ。夜露死苦=よろしくというフレーズが以前ありましたが、その系列の発想なんでしょうかネ?xtreme-modders.org