Author: wp_sv_2844_44133

初体験で緊張と驚きでした

今まで生きてきて1回も虫歯になったことがありませんでした。
朝起きて口の中がねちゃねちゃしていて菌が付着しているかと思うと気持ちが悪くすぐに磨き食後や外出前もしっかり磨きます。

そんな中、育児や仕事で忙しくなり、歯磨きをすることを忘れてしまいそのまま寝てしまったりすることが増えました。
わたしは、今まで虫歯になったことがなくまさか自分がなるはずがないと思っていたので
安心しきっていましたが、子供の歯科検診のついでにわたしも何年ぶりかにしてもらいました。

すると先生が「こりゃ小さい虫歯が3つもあります。よく気づかなかったね、それに歯肉炎にもなっていて
40代で歯が無くなるよ」と言ってきたので驚きました。

すぐに治療することになり痛みに耐えながら過ごしていました。
虫歯+歯肉炎というwパンチでとてもしんどかったです。
子供達は問題なく終わっていましたが、わたしは想像上に時間がかかってしまい子供達はわたしを見て
虫歯にならないようにしようと勉強になったようです。http://www.nyuusankin.net/

生クリームへの愛が強すぎる

いま私にはある願望があります。
それは生クリームを気持ち悪くなるまで食べたいということ。
私は甘いモノが好きなのですが、その中でも生クリームが一番好きなんです。
でも生クリームは高カロリーだし脂質も多いし、たくさん食べて良いことなど一つもありません。
こんな高カロリーなものを毎日食べていたら、あっという間に太ってしまいます。
なので食べるにしてもほんの少しで我慢しなければならず、毎日物足りません。
これを満足するまで食べられたらどんなに幸せだろうと思うのです。
そして実は、我慢できず業務スーパーで生クリームの缶を買ってきてしまいました。
プッシュすると生クリームがヘアスプレーのように出てくる、海外の生クリーム缶です。
映画で見てずっと使ってみたかったんですよね。
ただ表示されているカロリーを見てびっくり。
食べたら太る…それがわかっているので、まだ開封はしていません。
きっと一度使ったら、止まらず一気に食べてしまうでしょう。
どうやったら生クリームへの食欲を抑えられるのか知りたいです。http://www.olsenrenovation.com/

SMAP騒動にさんまさんのツッコミ

私は見逃したのですが、聞いたところによると、ある番組で明石家さんまさんが、SMAPの中居君に、「どうして音楽番組にでないの?」とツッコミを入れたそうですね。SMAPと言えば、早いものでデビュー25周年。その区切りのいい年に、新曲も出ない状態のまま。この冬の騒動は本当に解決しているのかと思うのは、もはや直属ファンのみならず、国民の関心事となっているようです。何しろ、おばさま方の根強い支持をもつ彼らですから。この会話で明らかになったのは、さんまさん、心配してるんだなあということと、煮え切らない中居君の態度から、彼に言われても困るよね、ということです。問題は事務所にあるのは明らか、番組に出るのも、新曲を出すのも、事務所が決めることですからね。やはり家族営業の事務所なんてものが無くならない限り、この問題は解決しない。そして、おばさんたちの支持が彼らの命を繋げてしまったが、中居君がそんなに答えにくいのなら、SMAPはもう解散してもいいんじゃないか、ということです。こんなこと言ったら、非難されるかなあ。http://www.stoltzproductions.com

私の名前の由来を教えて!

娘に尋ねられたことがあります。自分の名前の由来を教えてくれ・・・と。「桃」という字を使いましたが、3月の桃の節句の時期なのでそれほど深い意味はありませんでした。家内が気のきいた物語を作って娘に話しました。中国では沢山の桃でお客をもてなすので、お友だちがいっぱい出来ますようにって、桃を使った名前を付けたのよ。娘はすっかり満足して、家内の言を信じております。最近ではキラキラネームと言って普通の読み方の出来ないものが増えております。サラちゃん、ルーナちゃん、キララちゃんとカタカナかアルファベットの方が良さそうなお名前が身近にもあふれております。個性と言えばこれ以上ない読み方、呼び方がすでにマイノリティーでは無くなってきております。私も最初の子の時には名付けでああでもない、こうでもないと辞書を引いたり思案したものでした。日本には「漢字」という意味を持つ文字があるのに、なぜわざわざアルファベットのように漢字の一部分だけを飛び飛びに読むのか? いっそ平仮名で命名してくれないですかね。いちいちルビを振らないと読めませんヨ。夜露死苦=よろしくというフレーズが以前ありましたが、その系列の発想なんでしょうかネ?xtreme-modders.org

大学生の俺が決める日本ナンバーワン飲み屋街

「飲み」それは2016年現在非常に注目を集めている。シリコンバレーでは「飲みにケーション」が注目され、イケてるスタートアップの経営者が「カンパーイ」とシリコンバレー近くのJapanese style bar で毎日のように社員同士の結束を深めているだろう。さて本題に入ろう。俺は大学生ながら、少しは「飲み」について知っていると自負している。4年になった今、逆に飲みが飽きてきたくらいに3年間で飲んできた。そんな俺が決める日本ナンバーワン飲み屋街を紹介しよう。エントリーしている飲み屋街は「野毛(横浜)」「すすきの(札幌)」「名駅裏(名古屋)」「天満(大阪)」「鶴屋町(横浜)」である。横浜が多いのはおれがこのあたりの大学の人間だからだ。まぁ結論から言うと、ダントツで天満がナンバーワンや。あのカオスすぎる雰囲気は他の街ではない。新宿西口にもエセ天満的なところがあるが、やはり神宿。どこかかっこつけてる感は否めない。無理やりにこの話を締めるが、シリコンバレーのスタートアップの経営者は天満に行けと言う話だ。肥後すっぽんもろみ酢の口コミも評判良かったです

グアム旅行で感じたこと

先日、友人と旅行でグアムに行ってきました。初めてのグアムだったけど、想像以上に楽しくて、休暇を満喫しました!グアムって、平凡な旅行先だし、比較的近いし、日本人も多そうだから、そんなに期待していなかったけど、実際に行ってみると、まず海のきれいさに感動!日本では見ることのできない、青い海です。沖縄も行ったことがありますが、また沖縄とは違う感じの海。ただグアムの海を見ているだけでも癒し効果抜群。そしてもっと癒されたのは、現地の人のおおらかさや朗らかさ。道ですれ違う人や、お店の人など、現地の人はとても明るい笑顔で、「Hi!」と声をかけてくれます。そして、なんだか時間の流れがゆっくりです。グアムに行ってみて、普段自分がどれだけせかせかしている生活を送っているかがわかりました。そして、通勤電車に乗っている人の顔を見ると、なんだか日本人はお疲れ気味な感じの人が多い。グアムの人みたいに、元気はつらつで人生をエンジョイしてそうな顔をしている人があまりいないような気がします。もちろん、人生満喫中の人もいると思いますが。時々日常を離れると、いろんなことがわかる。なので旅行は大好きです。shoponwheels.net

スポーツジムが大混雑

私はもうかれこれ10年以上、スポーツジムに通っています。きっかけは職場の上司に紹介されたからなのですが、特に運動が好きな訳ではないのですが、なんとなく始めてしまったので、辞めるタイミングも分からず、結局10年以上経ってしまいました。
10年以上通っていますが、外装の大規模なリニューアルはありましたが、そのほかは部分的な小規模な模様替えしかなかったのですが、ここに来てライバル店舗に会員を持っていかれたからなのかなんなのか、新しいマシーンが導入されたりしていました。しかし、それだけでは集客に結びつかないと見たようで、2週間かけて全面リニューアルをすることになりました。
その間はスポーツジムは全面的にお休み。そのため会費も半額になることになりました。
お休みは2週間で、私は一週間に1回ないしは2回の割合で行っていたので、行けて4日ですが、毎日通っている人にはかなり痛手なようで、もうすぐお休みになるに従ってジムがかなり混雑していました。顔エステの口コミを見て自分も通いたくなりました

夏休みの過ごし方について

我が家には年少の男の子と1歳の女の子がいます。2人とも元気いっぱいなので、力が有り余っているのですが、夏は外が暑すぎて、なかなかお外に出ることができません。幼稚園もないので、特に上の子は力が有り余っているようなかんじです。仕方ないですが。なので、夕方の涼しくなった公園に行ったりするのですが、なかなか同じくらいの子供を見かけることが少ないのです。みなさんどちらに行かれているのでしょうか。やはり、バカンスに行っている?なかなかお友達もいないし、元気有り余っている我が子を私は少し手に余らせています。児童館に行ったりもするのですがわその場しのぎになってしまうし。ということで、実家への帰省がとても長くなる予定です。おそらく3週間くらいになってしまうかと。けっこう長いので、なかなか飽きてしまう可能性はありますが、久しぶりにおじいちゃん、おばあちゃんに会えるので嬉しいかな。喜んでくれるといいなと思って、今年も帰省します。http://www.howtopaintacar.net/

食の好みはどんどん変わる

子供の頃食べられなかった物が食べられるようになったり、嫌いだった物が大好きになったり食の好みって変わりますよね?私も子供の頃食べられなかったピーマン、ウニ、イクラなど、今は大好きになった食べ物がたくさんあります。
これって何でなんでしょうね?舌が変わっていくんでしょうか。おかげで子供の頃より偏食は直りましたね。でも、逆に昔は大好きだったのに今は全然食べたくないという物もあります。
私の代表例は焼き肉です!毎週のように焼き肉屋に行き、外食といえば必ず焼き肉!と言っていた私ですが、30代を過ぎてからあまり食べたくなくなってしまいました。行っても、カルビよりロース、牛タンなどあっさりした物ばかりオーダーしています。
焼き肉屋の代わりに、昔はほとんど行きたくならなかったお寿司屋さんによく行くようになりました。学生時代の私を知る友人は今の私を見たら驚くだろうなと思いながらも、友人たちもまた食が変わってるんだろうなと思います。
歳を重ねると食にも変化が現れるものですね!スリムなデザインのドレスを着こなせるようになりました

ご近所トラブルはお互いの気持ち次第でほとんど防げる

よくニュースでやっているじゃないですか。ご近所トラブルの果てに傷害、殺人事件に発展とか。きっかけは様々ですが、ちょっとした原因が大きな事件になってしまうケースもありますよね。でも、こういう事件って、どっちもどっちというか、せっかくご近所なのだから、お互いに気持ちよく暮らしていこうという意識があればだいたいは防ぐ事が出来るものが多いと感じています。例えば、下の階から子供の足音がうるさいと苦情を言われたら、上の階の人は、子供だからうるさくするのは仕方がない!ではなくて、静かに歩くように子供に注意をすればいいことだし、隣家の木の枝が敷地内まで延びて入ってきていたら、頭に来て勝手に枝を切ってしまうのではなくて、隣人にその事を一言伝えてほしいと思う。赤ちゃんの夜泣きで近隣に迷惑を掛けているな、と感じたら、日中ご近所さんに会った時に、ご迷惑掛けていたらすみません、と先に謝っておく。赤ちゃんの泣き声は、親も泣きやませるのに苦労する部分なので。なのでご近所トラブルは、どちらかが一方的に悪い場合を除けば、たいがいは防げる問題が多いのではないかと私は思うのです。